雑学

ゲーム脳とは?認知症になる? | 本当に危険なのは洗脳に疑問を持たない事

更新日:

一昔前に「ゲーム脳」なんていう言葉が流行りましたね。メディアで取り上げられてゲームは馬鹿になるというイメージが先行しましたが本当のところどうなのでしょうか。ゲーム脳の語源と定義、私の主観の感想をまとめました。

ゲーム脳とは

ゲーム脳とは造語で、語源の由来は前頭前野におけるβ波の低下を実験で証明した事についての著書「ゲーム脳の恐怖」によるものである。著者は日本大学文理学部体育学科教授で自称脳科学者である森昭雄教授で2002年7月に「ゲーム脳の恐怖」(NHK出版)を出版した。

ゲーム中の人間の脳波はβ派が減少

森教授はゲーム中に起こる脳波の特徴を調べる為に数人の被験者を対象にゲームが脳波に及ぼす影響を調べた。森教授は数人の被験者を用意しテレビゲームのテトリスなどの落ち物系ゲームをプレイさせ、ゲーム中の被験者のの脳波を測定する実験をした。

実験の結果、森教授はゲームプレイ中の被験者の脳波でβ波が極端に減少しa波との割合いが崩れるという事を発見した。

ゲームをしている時の脳波は認知症患者の脳波と一緒

このゲームをしている時に発生するβ派が減少する脳波は認知症患者の脳波と一致する事からゲームをし過ぎると認知症を引き起こすとしてこの事を森教授は「ゲーム脳」と名付けた。

森教授は実験結果でゲーム中の脳内では情動抑制や判断力などの重要な機能を司る前頭前野がダメージを受けている事が確認できたと発表している。

ゲーム後の脳波が元に戻るまでに時間がかかる事が問題

森教授はゲームを毎日長時間することによりβ波が激減してほとんど分泌されない事が問題であるとした。普段ゲームをしいない人がゲームを行いその後ゲームをやめるとすぐにβ派とα波の値が正常値に戻るが、毎日数時間ゲームをする人はa波とβ派の脳波の回復が遅くなる。

この時の脳波のパターンが認知症患者と同じような波形を示す状態を「ゲーム脳」と定義し著書にした。これがメディアなどで大きく取り上げられて「危険なゲーム脳」として社会現象を巻き起こした。

β派の減少はゲームだけに言えることではない

森教授の実験ではテトリスに代表されるいわゆる落ち物系ゲームでも最も単純なタイプのゲームの実験によるものである。つまり脳内のネットワークを使わない単純作業や考える事を放棄して与えられた事だけを淡々とこなす仕事をしている人間にも理論上は同じことが言える。

脳内では考えたり記憶を呼び戻そうとすると脳内で電気信号であるニューロンであるシナプスが活性化する。このシナプスのネットワークが複雑に絡み合って数が多いと記憶力や学習力、閃きなどの向上に繋がる。

問題を解決する能力を身に付け繰り返す事が大事

ゲームでもクリア方法に頭を使うゲームも数多くある。ゲームのクリア方法を発見するとそのゲームはつまらなくなるがその攻略法を見つけるまでにかかる時間が短ければその瞬間はシナプスが強化されているはずである。

クリアしたら他のゲームへと興味が移っていき、攻略法を見つけるのが得意になったらゲームを卒業しビジネスやコンサル、執筆、研究、スポーツ、他にもどんなものにでも活かせるはずである。

文明は地球のバイオリズムに従い繁栄と衰退を繰り返している

ゲームは頭の体操であり、勉強もただの暗記では脳内は活性化しない。社会の常識や社会のルール、政治、法律、全て今が正解とは限らない。時代は進歩と衰退を繰り返している。文明は400周期で繁栄と衰退を繰り返している。これは地球の16ビートのバイオリズムによるものであり、私たちは地球のバイオリズムに従って文明が反映と衰退を繰り返している。

この事について詳しくは下記の記事で「ガイアの夜明け」という著書を元に解説しています。

ガイアの法則 | 世界の中心文明がロンドンから日本に変わる

では今、地球や世界、国がどんな状態であるか、どんな治療が必要か考え実践したらそれは人間として素晴らしい事であり本来全ての人間が持つべき使命であると思います。

メディアや教育という洗脳に疑問を持たない事が一番の問題

話が極論まで飛躍したがメディアや教育などの「洗脳」に疑問を持たない事が問題なのでありゲーム脳ならまだマシである。それよりも「メディア脳」や「学校教育脳」から「日本社会脳」や「サラリーマン脳」になり意思や疑問を持たずマネーを追いかける人生自体が問題である。

ゲームする事が問題なのではなく考える事を放棄する事が危険な問題なのであり、世の中の洗脳を何の疑問も持たずにそのまま受け入れる事が一番の問題。誰が何の為に今の日本の教育やメディア、法律、憲法をつくったのか調べる事が大事。

新しい日本へ。日本を変える。

私はそのような情報を一人でも多くの日本人に伝えていき、私が生きているうちに日本が少しでもいい方向へ、新しい日本に変わっていく事を祈り続けている。その為に少しずつブログや動画で情報を発信していきます。

勇気を持った人間が増え今の日本や今の世の中を正しい方向に導いていってくれる事を切に望んで願っています。以上、話がぶっ飛んでいる奇才康聖でした。

-雑学
-,

Copyright© 康聖/YAPのブログ , 2019 All Rights Reserved.